採用成功事例


A社

    5年ほど前まで中途採用にて人員募集をしていたが、会社の方針として新卒採用に転換。将来の核となる人材を求めているため、自社文化の中で育て上げていくことが狙い。
■急激な新卒採用市場活性による採用難
■多額な採用コストを掛けるも、リスクが大きい。
(実際には採用できずに終わるケースもある。)
■お互いが妥協的に採用となるケースもあり、定着率が悪くなってしまう。
 若手社員の採用手段として、ベトナム人技術者2名を採用 
● 予定人数には達していないが、日本人を含めある程度の人員確保に成功。
● 日本人採用にコストを掛けたためトータル的にコストは膨らんだが、毎年ベトナム人採用を考えることで採用人数が見込め、合理的にトータルコストを抑えることができるのではないかと考える。
● 入社時の日本語力は日常的なコミュニケーションが取れる程度。
● 工学系学部卒だったので、業務上の飲み込みが早い。
A社の取り組み
    外国の方にとって、日本での働く常識・マナー等は経験もなく分からなくて当然あるが、入社したての時期は、本人も日本人も戸惑いが見られた。
その為GAより提案頂いた、数ヶ月間の新人研修も検討はしたが大手企業程の余裕もないため、弊社では、新人と既存社員数名を交えてグループワークを実施しました。
ベトナム人2名を別チームで配置し、日本人とのコミュニケーションを多く取れるように工夫。
大した内容ではなかったのですが、参加したメンバーにとっては仲間意識が溢れ、日本人にとっても大きな効果が出たと感じてます。

B社

    今後の計画として、数カ国に的を絞り東南アジア進出を検討。ベトナムが第一候補としてあがる。
■ベトナムの工業団地視察・市場調査
■ベトナム進出企業の成功談・失敗談を知りたい
■ベトナム人の人脈がない
 若手社員の採用手段として、ベトナム人技術者2名を採用 
● 進出目的があるため、非常に効果的な採用となる。
● 進出先国をベトナムに決定、工場立上げにも協力してもらう。
● 日本で技術に加え、マネージメント教育を実施。お互いの信頼関係構築。
● 将来的には日本人責任者に代わり、現地工場の責任者に成長してもらいたい。
B社としてのメリット
    ベトナム進出を決定付ける採用になり、工場立上げにも自社のベトナム人スタッフとして 関わってもらうことができます。
日本語の上達具合にもよりますが、現地市場調査の際には通訳兼マーケティングスタッフとしても可能性を秘めているので、会社の方向性から技術や文化まで、じっくり教育していくと技術面だけではない大きな戦力として十分に活躍していくでしょう。