就職活動基礎知識


就職活動の流れ

    日本での一般的な就職活動の流れをご紹介します。

I. 企業研究(大学3年夏~大学3年春先ごろ)

    企業ホームページ、会社パンフレット、就職情報誌等は貴重な情報源です。
それ以外にも、以下のような方法で、企業情報を得ることができます。

  1. インターンシップ(大学3年夏休み)

長期休みを活用したインターンシップを行う会社もあります。
インターンシップとは、在学中の学生が、企業で就業体験を一定期間行なうことをいいます。

  2. 就職支援サイトに登録(大学3年秋ごろ~)

リクナビ、日経ナビ、毎日ナビなどの、インターネット就職支援サイトに登録しましょう。
登録すると、具体的な会社情報が見られたり、説明会などへのエントリーができたりするようになります。

  3. OB訪問(大学3年冬~春先)

OB訪問とは、入社を志望する企業に実際に勤めている社員を訪問し、仕事内容や会社についての話を聞くことです。大学の就職指導部などに、志望企業に就職している卒業生がいないか、問い合わせてみましょう。

  4. 企業へのコンタクト(大学3年冬~大学3年春ごろ)

希望する業種、企業が絞れてきたら、積極的に入社志望企業へコンタクトを取りましょう。具体的には、以下のような方法が一般的です。

    4.1. webエントリー

会社ホームページや、就職支援サイトなどから、入社志望企業に対しエントリーを行います。
これが相手企業に自分の存在を認識してもらう第一歩となります。
一般的には、webエントリーをした人に対し、会社説明会の案内をする企業が多いようです。

II. 会社説明会参加

    会社説明会は、企業が求職者に対して会社をアピールする会です。
会社説明会は、ひとつの企業が行う場合だけでなく、複数の会社合同で行う場合もあります。

III. エントリーシート(又は履歴書)提出

    webエントリー、会社説明会参加の後、会社からエントリーシートまたは履歴書の提出を求められます。エントリーシートは、求職者から企業へのアピールの場です。丁寧に記入しましょう。

IV. 筆記試験・面接(大学3年春先~大学4年夏ごろ)

    エントリーシート(履歴書)の選考を通過すると、いよいよ筆記試験、面接です。

V. 筆記試験

    筆記試験の内容は会社により様々ですが、以下のようなものが一般的です。
・SPI、GAB・・・数学と日本語の基礎的な学力やその応用能力を調べる試験
・一般常識と時事問題
・性格診断テスト

VI. 面接

    面接の内容も会社により様々ですが、以下のようなものが一般的です。
・グループ面接・・・複数の求職者を同時に面接するもの
・グループディスカッション・・・あるテーマについて4~8名程のグループで話合いまとめるもの
・プレゼンテーション・・・あるテーマについて、決められた時間内で数人の前で話をするもの
・個人面接

面接に臨む際は、以下のようなことに気をつけましょう。
1. しっかりした準備を
エントリーシートを見直し、自己紹介・志望動機・自分の強みなど、 スムーズに回答できるように。
2. 身だしなみ
社会人としてふさわしい、清潔感のある身だしなみで面接会場に向かいましょう。
3. 態度、話し方
誠実で熱心な態度、ハキハキした話し方を心がけましょう。

VII. 内定(大学4年春~大学4年夏ごろ)

試験、面接に合格すると、内定通知が渡されます。