技術者事業


  
    日本では労働人口の減少が懸念されています。
深刻な技術者不足、国内の求人コストの高騰に危機感を募らせる企業が急増しています。
国際化の進展に伴って、アジア進出・投資を視野に入れた、グローバルな企業戦略の必要性に迫られています。
このような状況の下、優れた外国人技術者の採用が、今後の企業力の向上と、国際化競争優位性の獲得につながることが期待されます。
弊社では2000年より、ベトナムを中心として、優秀な技術者の育成と、即戦力となる外国人技術者採用を支援する技術者の育成受入事業を行っています。